ギター ピックのおすすめは?

3 min 191 views

ギターを30年ほど、弾いてきた僕がピックは何を選べばいいか。指とピックはどっちが良いかの参考情報をお伝えします。

ギターのピックのおすすめは?

と聞かれると、答えはすごく難しいです。

結論を言ってしまうと、こうです。

好きなのを使ってください。

となります。

何だそりゃ?

と思われて当然です。でもやっぱり人によるので結論は、好きなのを使ってくださいとなります。

僕は、かなりの種類のピックを使ってきました。

今はどうしてるかと言うと、指と爪で弾いています。

色々使った結果、指と爪が一番しっくりきます。

ピックについて考えてみます。

ピックの種類

ピックは大きく分けると、指で挟むタイプと指にはめるタイプの2種類に分けられます。

一般的には、指で挟むタイプが多いです。

ピックを使うメリット

いくつメリットがあります。

  • 音量が安定する
  • 指より大きな音が出る(弾き方にもよります)
  • 自分の爪を使わないので、爪がが割れない
  • 爪を手入れしなくていい
  • 早弾きがやりやすい
  • 音の粒がそろいやすい

があげられます。

ピックを使うデメリット

実はピックを使うデメリットもあります。

僕の場合は、こちの方が大きいので今はピックをあまり使いません。

デメリットは、

  • ルートとメロディを同時に弾けない(弾きにくい)
  • 和音に弱い
  • 指独特の優しい音が出せない

比べるとピック弾きの方がメリットがありますね。

お勧めのピック

ピックを使わないと言っても、使うこともあるのでおすすめのピックを紹介します。

僕の一押しはDUNLOPのTOREXでティアドロップ型です。

これの0.7mmあたりが、良いと思います。

サムピック派の人には、FRED KELLYのDeirin Freedom Finger Pickが良いです。

サムと言っても、付けるのは人差し指です。。。

500円ほどしますが、その価値はあります。

と言っても、最初に言った通りピックは好みなので参考程度で。

他のサムピックは、やすりを使って自分に合うように加工しないと使えません。

自分に合わせて削ると、しっくりくるものが出来上がるので、サムピックは基本

削ってつかうもの

と考えて下さい。

ピックをやめた理由

僕がピックを、使わなくなった理由は

  • フラメンコギターを始めたため
  • 爪を手入れすれば、そこそこピックっぽい音が出るため
  • 早弾きには、ピカードというテクニックがあるため、ピックでなくてもいいと気づいたから
  • 指弾きの方が、和音の出し方のバリエーションが増えるから

こんな感じです。

でも爪の手入れは必要です。

手入をしないと、すぐに割れてしまいます。

爪をどう手入れするか

僕のやり方は、こうです。

  • ティッシュペーパーをちぎって爪に乗せる
  • その上から瞬間接着剤を塗る
  • だいたい爪の1/4ぐらい
  • 乾かす
  • これを2-3回繰り返す
  • 完全に乾かす
  • 爪専用の、やすりで磨く

押尾コータローさんは、グラスネイルというのを使っているようです。

ちょっと高いので僕は使っていませんが、多分かなり良いのだと思います。

でも爪って簡単に割れるよね?

爪が割れてしまっても上のティッシュ+瞬間接着剤で修復できます。

でもボンドを爪に塗りたくない人には、付け爪ってのもあります。

使ってみましたが、結構いいですよ。ANK-100とうので爪やすりが2種類ついていて値段も2000円弱でお手頃です。医療用両面テープで爪に貼り付けます。感覚はほぼ自分の爪です。

あとギタリスト用のKaina The Guitarist というのもあります。これはイマイチでした。

ジェルネイルってもの良いと思います。硬化用のライトが必要なのと、爪用のジェルはマットな光沢なのがあまりない。光沢があると、お姉さんみたいな爪になってしまいます。

アクセサリー作りに使うようなジェルは、においがキツイです。

なので僕は使わなくなりました。

現状は、色々試した結果

ティッシュ+瞬間接着剤に落ち着いています。

一応、爪関係色々。

まとめ

最初に言ったように、好きなのを使うのが一番です。

でも指でギター弾くのは、見た目もかっこいいです。

特にロックバンドで、指+爪弾きで、ピカードで早弾きすると注目度UP確実です。

やってみる価値ありなので、お勧めします。

色々試してみて下さい。

自分に合ったものが見つかりますように。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA