ベースは4弦でいい?

1 min 216 views

バンドの中であまり目立たないのがベースです。

ただ楽曲を構成するには重要な楽器です。

中にはベースが主役というバンド構成もありますが、ちょっと一般的ではないですね。

使っているのはIbanezの6弦ベースです。これからベースを始めようかなって人には、6弦ベースをお勧めします。

左が普通の4弦ベース。右が6弦ベース。

理由を3つ挙げます。

1つ目  出せる音域が広がる。

2つ目  単純に目立つ。

3つ目  色々なテクニックを覚えたとき実践しやすい。

1つ目の理由の”出せる音域が広がる”ことは非常にメリットがあります。特に3ピースバンドだと楽曲のアレンジ幅がグンと広がります。あとは4弦ベースの場合、もう一発低いDを出したい時に諦めるしかありません。これが6弦ベースだと下のBまで出ます。このB,C,Dというのが出るとバンドサウンドの迫力が増します。

ここまではメリットを書きましたが、実はデメリットもあります。3つ挙げるとすると、

1つ目  弦の値段が高い。

2つ目  重い。

3つ目  すごく上手な人だと思われてしまう。

と言ってもメリットが多いし、デメリットを打ち消してしまうので、やっぱり6弦ベースはお勧めです。 低音弦や高音弦なんて使えないという人は、普通のベースのように4弦だけ使って、慣れてきたら6弦とも使っていけば良いかと。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA