ギターは独学で大丈夫

2 min 158 views

ギターを始めるには、先生について学ばないと無理と思っていませんか?そんなことはありません。独学で大丈夫です。ギター持ってない人が、ゼロから何を入手して、どのように始めるのが一番手っ取り早いかを説明します。

僕は、かれこれ30年以上ギターを弾いています。

ギターは独学で習得できます。

でも、あまり遠回りしたくないと思いますよね?

取り敢えず弾けるようになるために、どうすればいいか?を説明します。

最初に言っておくと、1週間では無理です。でも1カ月あれば何とかなります。

では、素晴らしいギターの世界へ。

音楽はあなたの生活を豊かにします。

独学ギターの始め方(準備編)

ギターを手に入れる

当たり前ですが、ギターが無いと何も始まりません。最初は何でもいいのでギターを手に入れてください。

エレキでも、アコギでも何でもいいです。こだわる必要はないです。

エレキを選んだ場合、最初はアンプ不要です。

でもどんなの選んだらいいか分からない、という人にアドバイスをするなら

“好きな形を選んでください” となります。

安く済ませたければ、知り合いや近所の人から譲ってもらうとか、ハードオフなどの中古屋さんで買うなど方法は色々です。

ちなみに僕は、近所の兄ちゃんに貸してもらったアコギでした。

ギター入手時には、必ず弦を張ってチューニングをしてもらってください。

その後はペグには触らないこと!!

チューナーを買う(重要)

チューニングは基本です。本来は音叉でチューニングをして、周波数が合う感覚を磨くのがいいです。

でも最初は無理です。

チューナーがあれば、音合わせの羅針盤になります。

このチューナーは自分でイチから弦を張ってチューニングするためではないです。それはまだ先です。

じゃぁ何のため?

合わせたもらったチューニングが、少し狂った時に調整するためです。

チューニングはすごく重要です。チューニングがあってないギターで練習しても、練習になりません。

初めての人が、イチから弦を張ってチューニングするのは、恐らく無理です。

理由は

  • どれくらいペグを回せばいい?
  • どれくらい弦の張力があればいいのか分からない
  • ペグ回してると弦が切れるんじゃないかとか心配

それに最初から狂わないチューニングをするのは難しいです。

チューニングで嫌になってしまいます。

このあたりは出来る人に聞けばすぐ分かります。でも独学の道を進むなら、先ほど言ったように必ず、最初は弦を張ってチューニングをした状態のギターを入手してください。

チューナーはiPhoneアプリとかはお勧めしません。クリップタイプが良いです。

こんなのです。

理由はギターの振動も拾ってチューニングできるからです。周りがうるさい場合に重宝します。

弾きたいフレーズを選ぶ

次に弾きたいフレーズを選んでください。

2つぐらいが良いです。

1つだけにすると飽きます。

選び方は

  • 自分でも弾けそうなフレーズを選ぶ
  • 好きな曲にする(ジャンルは何でもいいです。)
  • 長くて30秒ぐらいのフレーズにする(ソロの一部分でもいいです)
  • ネットに楽譜がある。または本屋に楽譜がある曲にする。

最初から1曲全部は無理です。それはまだ先なので、この選び方でフレーズを2つ選んでください。

これで準備完了です。

あとは練習するだけです。

その2に続く

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA